会社概要

松井家の物語

昭和41年(西暦1966年)、彼女の劉と結婚するため、松井さんは台南駅の近くである建物を立ちました。この建物は、当時駅前初めての洋風建物。

昭和61年(西暦1986年)、公務過労のせい松井さんは亡くなりました。未亡人の劉さんは一人でこの家と4人の未成年子供の生活を引き受けました。時間を経って、子供達も成年して一人ずつ家を出て、この家は劉さん一人だけ残って、守っています。
平成26年(西暦2014年)、日本に滞在したJackと話が盛り上がって、劉さんはこの家をJackに頼む事を決まりました。劉さんの信頼を対して、Jackは一生懸命この家を修繕し、新しい命を与える事を彼女に約束しました。

平成27年(西暦2015年)、日本生活でした記憶を建築に溶け込んで、色んな建築材料と物を使って、Jackは自分の手でこの和風民宿をデザインしました。これは、台湾と日本を結んで、過去京都と現代東京を融合してのテーマ民宿。

ご宿泊のは、ただの建物ではありません。ご宿泊のは、50年経っての台南家庭物語であり、台湾女性独立4人の子供を育てたの物語であり、日本で滞在人を旅人の皆さんに日本のお住まい文化と良い生活習慣を伝えるの物語りでございます。

そして、ご宿泊の皆様はこの物語を引き続きます……

旅。日。人 ブラント

「旅。日。人」は全日本式台湾古宅改建民宿。台南駅周辺の中心商店街エリアで、徒歩5分ぐらいすぐ到着できます。今、日本早稲田大学留学したJackを経営して、海外民宿のように、パブリックスペースの共用しています。全建物は僅かの4部屋、お泊りのお客様の単純性を維持できます。部屋は京都風和式の畳部屋(酒と旅)及び現代東京風の洋式部屋(愛と金)の2タイプ、内装は日本住宅と同じ方式でリファームした、日本輸入のユニットバスを使って(バスタブも含んで)、フローリング床と日本式壁紙を敷いて、アメニティ、飲み物、おやつ、と洗面用具等、すべて日本から持ち帰るか輸入したものです。台湾初の日本お住まい生活を完璧再現する「日本式民宿」。旅人達もお好みの浴衣と下駄を無料で着て、まるで「ドアと通じて瞬間、日本にいた」と不思議の体験じゃないでしょう。